Bordeaux ボルドーのワイン

弊社のルーツであり存在意義

弊社のルーツは実はボルドーにあります。昔の話になりますが、若いころ私が日本で飲んだボルドーは固くて渋いものでした。熟成が足りないのだろう・・、その一言で片付けられていましたが、その後フランスで飲んだ同じ銘柄、同じヴィンテージのワインが若くても果実味が豊かで舌触りも優しく、まったく違うワインであるように感じられました。ワインが固くて渋くなってしまうのは熱劣化の影響だということを知ったのは後になってからでしたが、実はこの経験が、ワインのコンディションにこだわり、納得のいくワインだけを取り扱う会社、現在の『株式会社プルミエクリュ』を設立するきっかけとなっているのです。

ワインは生鮮食品。同じ銘柄でも状態は全く異なる

弊社が輸入販売するボルドーワインは、現地ボルドーでシャトーや信頼できるネゴシアンのもとで動かされずに熟成されたものだけです。そもそも保管状況がよいそういった蔵出品を調達し、輸入時はフランスの陸上輸送、海上コンテナ、空輸はもちろん、一番の落とし穴となる日本での通関や定温倉庫の入出庫時においても完全に最適な温度を維持した状態で輸送しています。ボルドーのグランヴァンであっても、渋さよりふくよかで丸い果実味を感じられるのがその証です。また、日本国内で調達する場合においても、抜き打ちのテイスティング等により、信頼できる品質だと感じられるパートナーインポーター様が輸入したワインのみ取り扱っております。品質のセレクトショップとしての弊社・当店におまかせいただければ幸いです。

ワインリスト(弊社在庫)

現地のシャトーやネゴシアンのセラーで動かされずに時を過ごしたワインは温度等に留意して輸入され、弊社の温湿度制御システム付き完全地下式のカーヴへ移されお客様のもとに旅立つ日を待っています。一般の店頭と異なり、真っ暗な環境で、お客様もボトルに触れられない環境になっておりますので、保管コンディションは抜群です。
右側サイドメニューのAOC名(村名)をクリックしてご覧ください。


バックヴィンテージ・古酒の取り寄せ

シャトーからの蔵出し、あるいは現地のネゴシアンのセラーに保管されたまま動いていないバックヴィンテージを、お客様のご要望に応じて1本単位で直輸入いたします。
ワイン会などのほか、退職お祝い、大切な方の誕生日やお子様のお祝いに、個人のお客様やレストラン様など問わずご利用いただいております。